読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本ですね。

読んだ本の書評みたいなものを自由気ままに、気楽に書いていこうと思います。

【書評】グローバライズ/木下古栗

アメトーークの読書芸人で光浦靖子さんがおすすめしており、

個人的にも気になったので読んでみました。 

グローバライズ

グローバライズ

 

書評

12の短い小説をまとめた短編集。
作品は全て突然思いもしないような出来事や現象が巻き起こる。
基本的な描写は情景や行動、会話だけで
なぜこんなことになったのか、どう思っているのか、という心理的描写はほとんどなく
そんな状態で突拍子もない、わけの分からない展開が度々訪れる。

この小説がすごいと思ったのは、一話毎に作品のエグみが強くなっていくため、
一話一話読み進めていくうちに次の突拍子もない展開に期待してしまう。

本当に一話一話読むたびに「これなんなの」とか「何を読んでるんだろう」
と思ってしまうが、それでも筆者の情景や会話の表現がとても秀逸で読み進めてしまう。

なんのために読んでるのかわからない、だけど何故か惹かれる作品でした。